安らぎのある豊かなセカンドライフと人生最終章のパフォーマンスをご支援いたします

フリーコール0800-222-2800
受付時間:10:00~18:00
日・祝日は除きます

葬送支援とは

葬送支援とは生前にご希望を伺い、葬儀【喪主代行】(火葬、散骨、樹木葬、他)、納骨、墓地、墓石等の相談コンサルティング、法名・戒名などの取得相談アドバイス、菩提寺の相談、遺品整理をお受けします。(要:実費金額の推定と本人の承認に関する覚書作成)また、ご親戚、ご友人等への連絡も承ります。

さらに、ご希望により親族・近親者へのビデオレター作成等の内容についてもご相談に応じます。

人生のエンディングを、ご本人ご家族のご希望通りにサポートします。

葬送の種類

近年、葬儀については音楽葬や友人葬など多様化しています。主な葬儀種類をご案内いたします。
直葬 葬儀を行うことには法的な義務はありませんので、葬儀を行わず、お棺を囲んでお別れをした後、火葬を執り行う最もシンプルなお見送りです。亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取 得、火葬が必要です。最も費用を抑えることができます。近年この形を選ぶ人が増えてきています。
家族葬 ご家族・ご親族を中心とした、少人数のお葬式です。
気心知れた方々のみで、ゆっくりとお別れの時をお過ごしいただけます。
一日葬 お通夜がなく、1 日にすべてを集約したお葬式です。
時間・体力・費用の軽減が図れるため、ご高齢や多忙な方々に選ばれています。
神式葬 神事はすべて「マツリ」ととらえ、神職が祭事を執り行うため、神道の葬儀は葬儀とはよばず、「神葬祭」と呼称します。葬儀は悲しいので、花や、音楽や、躍りなどで悲しみを紛らわします。
神道の葬儀は悲しみや不幸を禊祭(みそぎまつり)や霊祭等により浄化するのが目的です。
仏式葬 仏式の葬儀といっても宗派がさまざまあり、読経のあげ方や飾りつけ方など異なる場合があります。
仏式の葬儀では、菩提寺の僧侶に来てもらうことを第一に考えます。
戒名はどのクラスのするかは、家で代々つけているものに揃えるのが一般的です。
キリスト教葬 故人への愛と敬意の表現とともに、遺族に対する慰めと励ましを目的としています。
葬儀では、賛美歌が歌われ、祈りがささげられ、残されたものを励まし、力づける説教が語られます。
祭壇を飾り生前のことを感謝する心を持って、遺族・親族と参列者より献花を行って頂きます。

葬送支援に関するよくある質問

Q.亡くなってからの別途費用は、どの位かかりますか。
A.亡くなられて、病院から霊安室に 1 泊して火葬場迄で、25万円前後かかります。葬儀については、別途かかります。主にかかる内容は、下記の通りです。詳細については、当支援協会が推薦する葬送アドバイザーのご相談ください。

葬送費用の一例

会 館
会館使用料 ¥36,000~¥100,000
白木祭壇価格 ¥400,000~1,000,000
付属品
火葬料金・骨壺 霊柩自動車
マイクロバス ドライアイス 会葬礼状
お供物 祭壇花 メイン看板
案内看板 司会及び火葬場案内 メイク・旅志度一式
ご安置料金 庭飾り 後飾り
その他
返礼品 飲食物 心付
御布施    
一般社団法人 セカンドライフ支援協会
安らぎのある豊かなセカンドライフと人生最終章のパフォーマンスをご支援いたします
本部
東京都中野区本町6-27-12 豊国ビル4F
0800-222-2800
受付時間:10:00~18:00 日・祝日を除きます

ページTopへ